中古原付をお得に購入する方法

中古原付の購入 中古原付を購入しようとし、雑誌やネットで情報収集をしていると破格な商品と巡り合える可能性があります。
例えば、市場相場では10万円の原付なのに、あるお店では1万円で購入できるといった感じです。実際にこのような商品に巡り合うと心が惹かれてしまう可能性は非常に高いのですが、「日常的に使用する」という目的で原付を購入するのであれば極力避けた方が良い商品と言えます。安いにはそれなりの理由があります。
例えば、エンジンが付属していなかったり、走行に支障を与える甚大な問題があったりする場合もありますし、エンジンの耐用年数を大きく超えた状態であるとかメンテナンスが出来ないほど末期状態になっているなどです。
そのような中古原付を購入してしまうと後々高くついてしまう可能性もあるため、自分でメンテナンスが出来るとかパーツ保存用に購入するといった場合でない限りは一般的なものを購入したほうが賢明です。
ただし、状態などによって価格は大きく変わるため、面倒でも可能な限り多くの販売業者の情報収集を行って「最もコストパフォーマンスが良い」と判断できるものを購入するように意識し、更に値引き交渉などを行うことが中古原付をお得に購入する際のポイントと言えます。

原付を廃車にする流れ

バイクや自動車と同じように原付も乗らなくなったのであれば廃車の手続きをした方が良いのですが、どんな風に手続きをしていけば良いのか良く分からないという人も少なくありません。それほど難しくはありませんので、必要な書類などを揃えてから手続きを一つずつ進めていきましょう。
廃車と言っても、もう全く乗らなくなったので完全に捨ててしまいたいという場合と、一時的に使用をしないという二種類があります。
原付であっても手続きは必要となりますが、窓口は登録をしている市町村の市役所となります。そこで廃車申告書を提出するのですが、その時には標識(ナンバープレート)、標識交付証明書の提出も一緒に行います。印鑑については原付の使用者の認印で構いませんので、これも忘れないように準備しておいて下さい。
標識や証明書を探しても見つからなかった場合は再交付をしなくてはいけません。これも同じく登録の市町村役場となりますので、注意しましょう。
後は税金などの支払いのお知らせが来るまでにスムーズに手続きをして下さい。もし自賠責保険も有効期間が残っているのであれば、残存期間に応じて払い戻しもありますので速やかに保険会社にも連絡しておくようにしましょう。