原付の廃車は非常に簡単です

原付の廃車は非常に簡単です 原付を処分する場合や誰かに譲渡する場合、一旦廃車手続きをしないと名義変更できないので、廃車手続きを行う必要があります。
処分する場合は、バイクの買取業者に引き取ってもらい、手続きも全て行ってくれるので利便性がありますが、誰かに譲渡する場合は自分で手続きを行うのですが、非常に簡単にできます。
方法は、原付を管轄する市区町村の役所で手続きを行うのですが、標識交付証明書とナンバープレート、認印が必要になるので事前に準備しておき、標識交付証明書を紛失した場合は管轄する市区町村の役所で再交付ができ、ナンバープレートを紛失した場合は、警察署への届け出を行った後、管轄する市区町村の役所で再交付ができます。
必要書類など準備ができたら市区町村の役所で廃車申告書を入手し、必要事項を記入した後に必要書類などを提出すれば廃車手続きは終了となりますので、非常に簡単にできます。
また、自賠責保険の有効期間が残っている場合、保険会社に連絡すると自賠責保険の残存期間に応じて自賠責保険料の払い戻しが行われます。

原付を廃車したいならば

所有している原動機付自転車(原付)を使用しなくなった場合、または友人・知人に原付を譲る場合には廃車手続きを行う必要があります。
この手続きは登録をしている市町村役場で行うことになります。
手続き自体は非常に簡単です。
まず、廃車したい原付からナンバープレートを取り外します。
その後発行されている標識交付証明書と印鑑(認印で可)をもって役場の担当窓口に赴きます。
ここでは廃車申告書の記載が必要となります。
記入後、上記の書類とナンバープレートを添えて申請すると、数分後には手続きが完了します。
廃車した原付をそのまま廃棄・解体したい場合には、バイク業者などの専門業者に相談、依頼することをお勧めします。
また友人に譲渡する場合には、そのまま市町村役場で登録手続きを行うことも可能です。
その際には新たな標識交付証明書とナンバープレートが発行されます。
この新規登録手続きの際には新所有者の印鑑や住民票、そして自賠責保険の証明書が必要となります。