原付の廃車手続き方法

原付の廃車手続き方法 乗れなくなった原付を廃車手続きするには少し面倒な作業があります。
方法として、まず手続きはナンバープレートに記載されている市区町村の窓口で行います。
125㏄以下の原付バイクの所有者情報を管理しているのは陸運局ではありませんのでここは注意です。
次に市区町村の窓口に持参する物は、ナンバープレート、標識交付証明書、名義人の認印です。
標識交付証明書を紛失している場合は再発行が必要になります。
この書類は売却や譲渡する場合でも必要になるのでもし紛失していたらすぐに再発行しておきましょう。
費用はかかりません。
これらの書類を準備したうえで窓口に行き、窓口に置いてある廃車申告受付書に必要事項を書いて手続きをして完了です。
手続きとしてはこれで良いのですが、ナンバープレートを外す作業は工具も必要ですし、古い原付バイクでは錆びついていたりして素人が行うのには苦労が必要な事が多いです。
また廃車手続きを行った後、結局はバイクをスクラップにするために持っていく(持っていって貰う)必要がある訳で、直接買い取り業者に引き取って貰うほうが手間は圧倒的に少なくて済みます。

125cc以下の原付の廃車手続きと必要書類

125cc以下の原付を廃車するには、市役所等で手続きを行った後に解体業者に依頼することになります。
市役所等で手続きをする際にはナンバープレートが必要となりますので、まずは原付からナンバープレートを取り外します。
手続きをする際には書類が必要となってきます。
役所に廃車申告書が置いてありますのでまずは廃車申告書を記入します。
廃車する原付のナンバープレートを交付してもらった時に貰った標識交付証明書も必要ですが、無くしてした場合でも手続きすることは可能です。
ナンバプレート・必要書類と印鑑を持っていくことで廃車の手続きをすることが出来ます。
ローンなどでバイクを購入した際には所有者が販売店になっている場合があるので、所有権を自分にしてから廃車手続きとなります。
書類を提出し、ナンバープレートを渡すと廃車証が貰えます。
その後に解体業者に持ち込むことで廃車が完了となります。
廃車した時に自賠責保険を確認し、有効期限が残っていれば手続きをすることで保険料が戻ってきます。