安価で買える!とても便利!原付バイクを見くびるな

安価で買える!とても便利!原付バイクを見くびるな 原付というと30kmの法定速度や二段階右折など、制限が厳しい印象があるかもしれませんが実は数多くのメリットがあります。
排気量125cc以下までは原付であり50cc超から125cc以下であれば、できないのは高速道路を走行することくらいです。
30kmを超える速度も出せますし、二段階右折も必要ありません。
二人乗りも可能な非常に便利な乗り物です。
そして何といってもかかる費用がそれぞれとても安価であるというメリットがあります。
まず車体価格が安いです。
中には新車で10万円を下回るものもあります。
維持費についても原付はとても安価です。
自賠責保険についても125cc以下と125cc超では年間2千円程度の差があります。
また250cc以下のバイクには車検がありません。
任意保険についても既に自動車で加入していて、そこにファミリーバイク特約があれば、かなりメリットのある条件で二輪の保険にも入ることができます。
もちろん燃費も良いためガソリン代も安価に抑えることができます。
購入費用、維持費が安く、小回りが利いて元気に走る原付はとても便利で効率的な乗り物です。

原付乗り換えのときの手続きは面倒くさくない

原付の乗り換えに際しての手続きは面倒なことはありません。
原付の場合、市役所等で廃車、登録の手続きができてしまいます。
前名義の方の標識交付書(もしくは販売証明書、譲渡証明書)を用紙して、住民票がある市区町村の役所に行き、必要な書類を提出して、ナンバーを交付してもらいバイクにつけて、自賠責保険に加入すると言う流れです。
登録の場合は、乗り換える原付が登録済みや廃車済みなどに応じて若干用意する書類するものが変わります。
登録済みの場合は、ナンバーと印鑑、標識交付証明書、譲渡証明書の4点、廃車済みの場合は印鑑と廃車証明(もしくは販売証明書、譲渡証明書)が必要です。
廃車はナンバーと印鑑、標識交付証明書の3点が必要です。
ちなみにナンバーは新たなもものを受け取ることもできますし、引き続くことも可能です。
自賠責保険については、車両入替手続きで継続利用することもできますし、一度精算をして新たに加入することもできますので加入の保険会社に電話をすれば必要な書類を送付してくれます。
役所が近くにあれば数時間で完了してしまう作業ですので面倒なことありません。